銀のふくろメシ屋

苦しい時こそニヤリと笑え、そんなブログ


『最強武将伝 三国演義』第二十三話「赤壁・十万本の矢」

おしゃべり魯粛さんのおかげで、周瑜どんから理不尽な恨みを買った孔明たんは、十万本の矢を作ることになりましたとさ。

今回見ていて、なんで孔明にムカつくか分かった。
あいつ常に上から目線なんだよ。
喋るとき顎を少し上げて相手を見下す感じになんの。謙遜の言葉をはいても、全然謙遜に聞こえない。
そりゃあ沸点低い周瑜なら殺意を抱くわけだ。私もブチのめしたい。
それにつけても魯粛の人の良さよ。
ああいう人と友達になりたいわ。

最後は曹操に対抗する策をお互いに手のひらに書いて見せっこ。
キャッキャウフフな場面ですねー。
後でちゃんと手を拭けよ。
墨が服に付くと取れないからね。


次回「赤壁・苦肉の計」
じじいSMがついに!
予告を見た限りでは鞭ではなく棒打ち…。
ハードだぜ!

Comments

だって孔明だから 
あ、私はいつも孔明にそんなイメージを抱いてました。
オレこんなこと知っちゃってんだぜ的な。お前知らないの? 的な。
なまじ賢いイメージが先行すると、どうしても…。
だから水鏡先生とこではじょしょとかほーとーに気持ちが行っちゃってます。

魯粛はいいひとのようで嬉しいです。
でもどっちかとゆうと泣き虫系(田舎のワル)が好きです。あの魯粛にはシビレルー。

じじいsM、どんなんか…気になる…気になる!!
ふと「アアンッ」とミョーにあえいだら面白そうです(日曜! 午前中!!)。
そうか、「孔明だから」か… 
> 井上 ひさみ様

そうですねぇ。
確かにどの孔明見てもそんな感じですよね。(蒼天はまた別の意味で…)
分かってるはずなんですけどね、なんかな~、どうかな~、という感じが拭えません。
もしかしたら髭がないからかも?若造に言われたくない、そんな心理が働くせいかもしれません。
気がつけば孔明初登場時の年齢より上になってますからねぇ…。
あんなんでよく友達ができたな孔明よ。

ワイルド魯粛も良いし、胃に孔が開いちゃうような気弱な魯粛も良い。
魯粛という人物に外れなしです!


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シャオリャン

Author:シャオリャン
同人活動(三国志)とフィギュアを愛する女。
旦那とカエル達との生活に新たに息子も加わったよ。
家族が増えるね!

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login