銀のふくろメシ屋

苦しい時こそニヤリと笑え、そんなブログ


大感謝!そして感激!『台湾 國立故宮博物院 神品至宝』

行ってきました!白菜のアレ!
東京国立博物館で開催中の『台湾 國立故宮博物院 神品至宝』に行ってきましたよ!

一人で。

そう!前回の記事で言っていた訓練とはこの日のためだったのですよ。
翠玉白菜が東京に来ると知った時、乳児がいるから無理かな~と諦めかけていたのですが、なんと旦那が有給取って子供を見てるから行ってきなよという、どこの菩薩だよ的な事を言ってくれたのでお言葉に甘えて一人で行くこととなりました。
結果、子供はぐずることなく良い子でお留守番できたみたいです。
この日のために『いないいないばあ』を録りだめていたからな!ありがとうワンワン!

博物館に行く途中、母から電話があり、博物館に姉ちゃんと甥っ子’Sが行ったことを知る。
まさか会うことはないだろうと思ったら、会場で会えちゃったし。帰りも駅まで一緒だったし。
甥っ子2号がめちゃ可愛かったわ~(*´∀`)


では展示について。
今日のために公式ツイッターを見て待ち時間から何度もシュミレーションして、ひとまず白菜は後にしてその他の展示を見ることに。

折角なのでイヤホンガイドを借りる。520円也。
…前は500円だったはず。なにこれ。消費税?でも20円。謎。
ナビゲーターは谷原章介ということだけど、全部谷原さんがガイドしてくれるわけではなかった(´・ω・`)。。うん、まあ、いいけどね。
ところでこのイヤホンガイド、輪っかになったところを耳に引っ掛けるタイプなんだけど、これが落ちるんだ。
私の耳は柔らかいのかコシがないのか、重量に耐えられず落ちちゃう。なんとかならんかなぁ。

月並みなコメントですが、展示物はどれもすばらしかったです。
書は正直なところよく分からなかったけど(「行書赤壁二賦冊」という書で「曹孟徳」の字を見つけてニヤニヤしたくらい)、工芸品は文句無し!
刺繍にしても玉にしても、アンタラオカシイヨと言いたくなるほどのエグイ拘りよう(褒めてます)。
工人の「やってやんよコンチクショー!」と言う声が聞こえてきそうです(笑)。

そんな中、私が気に入ったのがよく分からないと言っていた書。
「草書花気詩帖頁」

お友達の王詵君が詩を送ってくれたけど返事ちょうだいって言ってくるんだよねー。ちょいシカトしてたら花贈ってきたりして催促してきてウザイわー。とりま、この詩を書いてみた。

と言ったかどうかは知らないが、そんなエピソードのある七言詩。
うん、このエピソードが気に入ったの。

そんなこんなでおよそ1時間半ほどで見学終了。
図録やら付箋やら、しこたま散財してから白菜のある会場へ。
待ち時間80分。
ふふふ…こちとらコミケの大手列に並び、ディズニーランドで並び、長野県善光寺の御開帳で並んだ女!80分の待ち時間何するものぞ!
…と思ってたら、結構サクサク進んで30分くらいで見れました。
小さい小さいと言われてたけど、私は想像してたよりも大きくてびっくりした。
画像や詳しい解説はこちら
白菜は純潔、イナゴとキリギリスは多産の象徴だそうで。
でもさ、白菜食われちゃうよね。
白菜が食われる…純潔が食われる…。これは嫁入り道具だったらしいし…つまり……
YOUヤッちゃいなヨ!ってことかー!!
…そんなわけないね。


というわけで全ての見学終了。お腹いっぱいです。
図録がコミケカタログレベルの厚さなので少しずつ読んでいきたいと思います。
あらためて、展示会に行かせてくれた旦那様、良い子で留守番してくれた息子、本当にありがとう☆⌒ヽ(´ε` )チュッ( ´з`)ノ⌒☆

Comments

 
旦那さんが良い人で良かったですね。

息子さんもお母さん想いじゃあないですか!

今後も、今まで以上に(笑)、旦那さん(&いずれは息子さんも)の多少の我が儘も聞いてあげて下さいね。

二人の旧知の中のげんたひこより。
「少」の方しか聞きません! 
>げんたひこ様

お久しぶり~☆
いや~、良い子に恵まれ幸せ者ですよ私は。

旦那の我侭を聞いていたら我が家がジャングルになってしまうので、少ししか聞いてやりません!(威圧)
酒ばっか飲みやがってよ~。

とはいえ、借りは返さねばね。
何が良いやら。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

シャオリャン

Author:シャオリャン
同人活動(三国志)とフィギュアを愛する女。
旦那とカエル達との生活に新たに息子も加わったよ。
家族が増えるね!

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login